不動産関係

結婚したらマイホームって幻想じゃない?

こんにちは^ ^

タニモンです。


私は香川県出身なのですが 

家族を持ったら



マイホーム!



なんとなく日本ではオーソドックスになってますよね。



ただ私本気でこれだけは



疑問



に思うのです。

地方で新築マイホームってかなりリスク高くないっすか?

香川の地元の方は結構新築マイホームを購入している人が多いです。



私の親も僕がボロい安い不動産買うと

「もう絶対やめろ」

と言うのに 香川で新築のマイホーム4000万くらいの買い物に関しては

「買った方がええやろ」

と言うのです。



私にとっては信じられないリスクが高い話です。

地方だったら中古の1000万くらいのマイホームで十分かと思います。





もちろん家族でお城を持ちたい!こんな家に住みたい!

家族が多いから家を建てたい!思い出を作りたい!

のであれば良いと思います。(もちろん個人の価値観なので)





ただ何も疑問を持つことなく、皆がしてるから何となく高いマイホームを買う

これはちょっとどうかな?と思います。

後ほど理由をお話します。



私がマイホームリスクがあると思う理由は以下の通り

・生涯年2.4億としたらそのうちの約6000万円は住居費に消える

・売りたくなれば確実にマイナス(500万〜2000万くらい)

・固定資産税も高い




・引越しする必要が発生してもローン返済に対する賃貸価格で貸せるか?分からない

・ローンは35年なので35年の支出が確保される(4000万円なら月々約12万円)

・高すぎる買い物なので失敗できない(欠陥がない等)

・金利や固定資産税総額で6000万程かかる









特にマイホームに関しては

めちゃ高い買い物ですよね、、、



都内は
人口もまだ右肩上がりで人口が減るであろう年も今のところ早くとも2025年となっていますが人口減ろうともよほどのことがない限りそこまで不動産や地下の価値は大幅に下がらないのではないかと思います。




最近本当に思うのは中国人が日本の不動産を購入する方が多いです。






逆に田舎の方でしたら中古でマイホームを買うと1000万あればけっこういい物件買えます。

1000万円くらいの中古物件はうじゃうじゃあると思います。

特に築20年くらいの物件は 新耐震でけっこう綺麗だと思います。






中古で1000万くらいで買えるとリフォームやメンテ、固定資産税も安いですし全部含めても多くて生涯で2000万くらいで収まるのではないかと思います。

ここで現代の生涯年収の表があります。

2016年のデータを見てみましょう。(※2019年1月時点では2016までのデータしか出ていません)

男性女性
中卒1億9千万円1億3千万円
高卒2億1千万円1億5千万円
専門卒2億1千万円1億7千万円
大卒2億7千万円2億2千万円


例えば田舎で大卒として生涯年収2、7千万円

新築でマイホームを購入すると生涯6000万円

中古でマイホームを購入すると生涯2000万円



売りたい時も新築の時と比べてそこまで変わらない値段で周りをみてると売れてますし相場より安く買った人は5年ほど住んで買った値段の500万以上の金額で売れているのも事実です。






こういう固定概念から外すってかなり重要ですよね。

家族持って素晴らしい空間と家に住みたいって思いあるかと思いますが

結局は夫婦仲の問題が1番重要だと思いますし

楽しさや充実さや空間はそこまで関係ないような気がします。

ここでなぜ

家族を持ったらマイホーム!

が常識になってるお話したいと思います。



元々マイホームは政府にとっての「所得倍増計画」の一貫です。





所得倍増計画は1960年に池田内閣の元で策定された長期経済計画です。

それの一環として新築マイホームがありその時は良かったのです。







例えば新築マイホーム4000万円を購入すると恩恵を受けるところはどういったところでしょうか?



リスク:個人が4000万円のリスクをとる(35年で6000万円程)



◾️恩恵を受けるところ

・銀行:35年間の金利で利益を得ることができる

・建築業:新築を建てる時は様々な利ざやを確保することができる

・国:新築は固定資産税が高いので高い税金を確保できる。




個人がリスクをとって恩恵を受けるところはたくさんあるのです。

要は国や民間企業からしたらメリットが大きいのです。







特に今って生涯年収で個人差はあるものの平均で2億くらいです。

例えば2億の生涯年収として

2億から住宅費で6000万かかるのと

安く中古で買って生涯で2000万しか掛からないとでは

4000万の違いがあり、4000万あれば別に増やす自己投資や投資もできますし

お子さんの習い事の費用様々な部分で賄うことができます。







安い買い物ですと、何かあった時損も少ないですしね

また買わずに賃貸で住むと 

例えば家賃6万円ですと30年で2160万です。

安く住める時代に突入するのは間違い無いですし 引越しも自由。

これはこれでいいんじゃないかと思います。







30年後って空き家に溢れてると思いますし

家賃とか3万以下で借りれるところなんて

ザラにあると思います。








何も考えずに常識にとらわれて高い買い物を何も疑うことなく買うことは

背後には相当のリスクが潜んでいることに目を向けてみるべきだと思う。

-不動産関係

Copyright© モンのボロ物件再生不動産ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.