特したこと

賃貸仲介手手数料を半額にした方法

【賃貸仲介手数料半額にした方法】

こんばんは。タニモンです。


いろんなことにも応用でき


これは何にでも応用と役に立てると思います^_^



僕はコネもない不動産の賃貸会社の賃貸契約で仲介手数料を半額にして頂いた経験がある。


コネがあればできるかもしれないが僕の場合はちょっとした工夫を考えた。


まず不動産の賃貸営業の仕事をする際にその人の仕事の手間と労力を考えてみよう。


普通なら自分の希望を伝えて、電話し、営業マンが家まで案内し
それを何件か渡り歩くという仕事だろう。


この場合の営業マンの手間は?


•希望の物件をネットで探す

•管理会社へ電話する

•案内する


である。


そして僕の場合はこの電話する以外


•希望の物件を自分で探しURLにして伝える
•不動産は自分で1人で行く


ということにした。
希望の物件を自分で探すというのは
スーモ、ホームズ、リバブル、住友不動産のサイトから
良いと思った物件をリストアップしその物件のみを営業マンにメールで送り
電話で確かめてもらうということだ。これでまずは営業マンの•希望に見合った物件を探す。


自分の仕事の手間が省ける。
そして電話して頂き、案内はいらないと断り自分で行くんで大丈夫です。と伝える。
iPhoneで住所を調べて自分で何件も見に行く。
気に入った物件が見つかる。
契約。


前もってちょっとは安くできますか?と意見を言っており
凄く対応が良く助かったので友達も引越したいと言っていたので
今から電話するんで紹介してもイイですか?とその場でアポをとる誠意を見せる。
営業マンからしたらありがたいに過ぎないだろう。


よって『SOさんこちらからするとめちゃくちゃやりやすく、ほとんど自身でやられてくれたんで免除させてもらいますよ』
よって仲介手数料を半額に免除してくれた。


僕はかなり不動産の会社をみてきましたが
今やどこも○○を見せてくれる時代。
『○○見せてくれませんか?』と聞いて見せてくれなかったところは10社中1件もない。
なので選ぶ基準としたら誠意と対応の速さと顧客のことを考えてくれるではないかな。
この交渉は他のことにも応用できます。
何かを安くしてもらいたい時、ただ『安くしてください!』
なんて勝手が良すぎる。アウトオブ論外だ。


特にこの日本では。
なので相手の立場にたって考えこちらからサポートするという姿勢は忘れないでおこう。
どんな場面でも大切だ。

-特したこと

Copyright© モンのボロ物件再生不動産ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.